増額申込みを行う際には収入証明書を用意しておくと良い

カードローン新規契約した時点に比べて、勤続年数や昇進などにより給料がアップした場合、金融業者へ収入証明書を対峙することで利用可能枠の増額申込みが可能となります。実際に利用可能額が増額されるかどうかは、銀行や消費者金融の個別審査にかかっていますが、自ら利用可能枠の増額申込みをする際には、銀行は厳しく消費者金融は柔軟な対応をしてもらえるでしょう。

同じカードローンであっても、銀行と消費者金融では考え方が異なるので、利用可能額増額するためには銀行カードローンは、インビテーションと呼ばれる銀行側からの招待が必要です。銀行からのインビテーションがある状態ならば、増額申込みは多くの場合で利用可能枠増額に対する同意です。消費者金融のカードローンは、貸金業法に基づく総量規制による影響が大きいので、利用開始から半年または1年といった事業者ごとに定められた増額申込み可能期間に達すればいつでも申込み可能です。消費者金融から増額インビテーションが行われる際には、本当に招待行われているわけではなく再審査のきっかけとされているだけです。審査結果によっては、利用可能枠が消滅してしまう可能性すらあるので、収入証明書を提出して少なくとも日本可能額が減らないように警戒する必要があります。