キャッシング先を比較するポイントは複数ある

キャッシングの申し込み先を考える際には、銀行カードローンと消費者金融の違いと金利ばかりに注目しがちです。しかし、多重債務者とならないためにも多くの点を比較してから、自分自身に最適な貸金業者を選ぶことが大切です。最大のポイントは、返済のしやすさに着目して比較すれば、苦労して返済する事態には陥らないでしょう。

キャッシングの返済方法として最も多い方式は、残高スライドリボルビング方式です。元金均等返済よりも金利が同じならば利息総額が増えるので、金利を比較しただけでは分からない返済のしやすさに影響を及ぼします。随時返済を組み合わせて元金の返済額を一定に近づけることは可能ですが、多くの人は毎月の返済額を自ら多くしようとは考えないものです。結果的に貸金業者の思惑通りの返済総額を支払うことになってしまうでしょう。

また、消費者金融の中には、返済日の設定を5日単位または10日単位で給料日直後に設定出来るよう工夫している貸金業者もいます。返済日が給料日前に設定されてしまうと、返済が毎回苦しくなる可能性があるので、可能な限り給料日後に設定してもらえる貸金業者を選ぶこともキャッシング返済を辛くならないようにする秘訣です。